東進模試

東進模試の特長

1

「絶対評価」と「相対評価」の2つの分析から成績を検証

東進模試最大の特長である「絶対評価」により志望校合格までの距離を具体的に示すことに加え、偏差値を用いた「相対評価」により「受験者集団における順位の提供」および各模試ごとに「志望校の合格判定」を行います。
2

常に入試「本番レベル」

東進模試は、実際の入試と同じレベル・形式・試験範囲で実施される「本番レベル」模試。毎回「本番レベル」のため、志望校のレベルとの学力の差や、学力の伸びを具体的な点数で把握する「学力のものさし」として活用できます。連続受験によって、期間中の学習効果の検証も可能。勉強法の改善にも役立ちます。本番同様「センター試験+二次試験」の総合評価(ドッキング判定)も行っています。さらに、厳正実施にこだわる東進模試では、原則として決められた実施日以外の受験はできません。まさに、入試本番さながらの緊張感あふれる真剣勝負を体験することができます。
最終1月東大本番レベル模試、最終1月京大本番レベル模試、最終1月難関大本番レベル記述模試、最終有名大本番レベル記述模試は、センター試験本番(自己採点)との総合評価となります。
3

充実の成績表を最短7日で「スピード返却」

学習の成果を項目別にわかりやすく表示した成績表を、最短で実施7日後に※「スピード返却」(予定)。模試を受けるだけで終わることなく、次の学習目標に向けた学習に、いち早く取り組むことができます。
成績表の返却日は模試により異なります。天候状況等により、返却開始を変更する場合があります。
4

合格指導解説授業※で完全理解

模試受験後に「合格指導解説授業」を実施。核心をついた解説で、重要な問題の解き方を指導します。授業を行うのは、東進の実力講師陣。だから、解けなかった問題も、しっかり理解することができます。映像による授業のため、校舎で都合のよい時間に受講可能です。
模試・科目によっては合格指導解説授業を実施しない場合があります。なお、大学合格基礎力判定テストについては合格指導解説授業は実施しません。復習用教材を学力向上に役立ててください。

模試日程

  • 実施日
  • 模試名(対象学年)
  • 対象レベル
12月8日(日)

12月3日(火)締切

12月大学合格基礎力判定テスト

全学年対象

基礎学力・弱点分野を分析

1.志望校合格の土台となる主要教科(英・数・国)「基礎学力」を徹底診断
志望校合格のためには、入試の応用問題で得点することが必要です。そのためには、磐石な基礎学力を土台として築かねばなりません。大学合格基礎力判定テストは、入試に必要な基礎学力を「大学合格力」と定義。全範囲にわたって、徹底的に大学合格力を診断します。同じレベルの模試を2カ月おきに受験できるので、学力の伸びを把握するバロメーターになります。

2.教科、単元、設問ごとの到達度がわかる詳細分析
大学合格基礎力判定テストでは、総合判定はもちろん、教科、単元、設問ごとに詳細な分析を行います。志望校に合格した先輩のデータを元に、到達目標を算出。合格者の成績推移との比較により、自分に位置がわかります。そのため、今どの問題が正解できればいいのか、どの分野を今のうちに学習した方がいいのかが、ハッキリわかります。

3.学習優先順位と、弱点克服のための学習課題を提示
分析を元に、1人ひとりの志望校、得点状況に応じた学習優先順位を信号で提示し、学習課題を診断します。

12月15日(日)

12月10日(火)締切

第4回(最終)12月センター試験本番レベル模試

全学年対象

センター試験レベル

2か月ごとに、合格までに、あと何点必要かを明らかにする連続模試

センター試験と同じ出題形式・レベルの本番レベル模試

試験実施から中5日で成績表をスピード返却

1月18日(土)・19日(日)

1月13日(月)締切

センター試験同日体験受験

高校1年生・高校2年生

センター試験本番

1.受験生と「同じ日」に、1年後に実施される共通テスト(予想問題)
 または本番の入試(センター試験と同じ問題)に挑戦し、受験勉強のきっかけに

2.全受験型で理科・地歴公民を含む全教科の受験が可能
 ※一部科目を除く

3.試験実施から中6日で成績表をスピード返却
 ※共通テスト予想問題型、センター試験問題+共通テスト予想問題型は中7日

1月25日(土)・26日(日)

1月20日(月)締切

第4回(最終)東大本番レベル模試

受験生対象

東京大学を志望している生徒全員

1.東進だけ年4回もの“東大二次シミュレーション”で合格可能性とあと何点必要かがわかる
東進の「東大本番レベル模試」は、東大二次試験と同じ出題形式、同じレベルの「本番レベル模試」。毎回の出題範囲が東大二次試験本番と同じで、実践さながらの真剣勝負を通して、学力を飛躍的に向上させることができます。解答用紙も本番で使用されるものに近く、まさに“東大二次シミュレーション”の模試です。

2.センター試験本番レベル模試との総合評価※第3回10月東大本番レベル模試は、全国統一高校生テスト(10月)との総合評価を行います。
「東大本番レベル模試」は、東大合格に必要な学力と現在の学力との差を、具体的な点数で明示します。さらに、センター試験本番レベル模試との総合評価により、現在位置を正確に割り出し、本番同様の総合判定を実施します。連続受験によって前回からの伸びを確認して、勉強法や学習計画の成果を検証すれば、勉強の質をより高めることが可能です。

3.試験実施から中9日で成績表をスピード返却
従来の模試では、試験実施から成績表返却まで3週間から1カ月もかかり、忘れた頃に返ってくるというのが当たり前でした。東進の「東大本番レベル模試」では、記述形式の模試でありながら、試験実施から中9日で答案・成績表のスピード返却を実現。目標達成までの具体的かつ的確な学習計画を素早く立てる事ができます。

1月25日(土)・26日(日)

1月20日(月)締切

第3回(最終)京大本番レベル模試

受験生対象

京都大学を志望している生徒全員

1.年3回の”京大二次(前期)シミュレーション”で合格可能性とあと何点必要かがわかる
東進の京大本番レベル模試は、京大二次試験と同じ出題形式・同じレベルの問題が出題されます。
受験生の現時点でのレベルを想定した問題が出題される模試とは異なり、出題範囲も京大二次試験本番と同じ。
京大合格に必要な学力と現在の君の実力との差を具体的な点数で明示します。まさに”京大二次シュミレーション”の模試です。

2.センター試験の自己採点結果との総合評価※最終のみ
京大本番レベル模試は、センター試験自己採点との総合評価を行います。
センター+二次の総合評価で、現在の位置を正確に把握。センター試験・二次試験・総合、それぞれに目標点数を設定しています。
より本番に近い総合判定が可能になりました。

3.試験実施から中9日後で成績表をスピード返却
従来の模試では、試験実施から成績表返却まで3週間から1ヵ月もかかり、忘れた頃に返ってくるというのが現状。
東進の京大本番レベル模試では、記述形式の模試でありながら、試験実施から最短中9日という成績表のスピード返却を実現。
目標達成までの具体的かつ的確な学習計画を素早く立てることができます。

3月15日(日)

3月11日(水)締切

3月高校生レベル記述模試

高校1.2年生

標準

1.身についた知識の正確な表現力を養成する高2生・高1生のための記述模試
※高2生の3月は、理科(物理・化学・生物)、地理歴史(世界史・日本史・地理)も実施

2.高2・高1のうちに、難関大入試に求められる論理力・記述力の基礎を養成

3.試験実施から中9日で成績表をスピード返却